トップページ > 展覧会情報:開催中の展覧会 > Seika Artist File #1「ゆらめくいきものたち」

展覧会Exhibitions

Seika Artist File #1「ゆらめくいきものたち」

2022.11.18 - 2022.12.24

開場時間
11:00〜18:00
休場日
日曜日(ただし11/20(日)は開場)
料金
無料
会場
京都精華大学ギャラリーTerra-S
出品作家
イケガミヨリユキ、今村源、衣川泰典、野田ジャスミン、船井美佐、ミロコマチコ、安喜万佐子
主催
京都精華大学
企画
伊藤まゆみ (京都精華大学展示コミュニケ―ションセンター特任講師、ギャラリーTerra-Sキュレーター)
展示コーディネート
齋藤雅宏 (京都精華大学ギャラリーTerra-S展示コーディネーター)
グラフィックデザイン
漆原悠一 (tento)

チラシダウンロード(PDF)

概要

京都精華大学はギャラリーTerra-Sの展示空間を生かし、活躍する本学卒業生及び教員のアーティストを紹介するグループ展「Seika Artist File #1『ゆらめくいきものたち』」を開催します。

2022年2月に開館した本ギャラリーは、外の風景を取り込む大きなガラス窓など、のびやかで個性的な展示空間を備えています。また、「Terra-S」はラテン語で「土、大地、地球」を表す「terra」と「seika」の頭文字を繋げ名付けられました。

「Seika Artist File」展の第一回目となる今回は、「terra=大地」に息づく動植物(生き物)に着目し、それらをモチーフとする7名のアーティスト、イケガミヨリユキ、今村源、衣川泰典、野田ジャスミン、船井美佐、ミロコマチコ、安喜万佐子を紹介します。

昔から動植物は、人間と世界の関係を深く掘り下げる省察の手段として、アーティストにとって主要なモチーフの一つとなってきました。世代や表現方法、扱う素材の異なる本展の参加アーティストたちの表現は様々ですが、そこに登場する生き物たちは、しばし私たちを日常から解き放ち、想像/創造の世界に導いてくれることでしょう。

ギャラリーTerra-Sのガラス窓から飛び込んでくる緑豊かなキャンパス周辺の自然も含めて、展示空間でゆらめく生き物たちが、見る人の感覚を揺さぶり、各々のイマジネーションの力を高めてくれるきっかけとなれば幸いです。

アーティストプロフィール

イケガミヨリユキ IKEGAMI Yoriyuki

1993年生まれ。画家・イラストレーター。2016年京都精華大学マンガ学部カートゥーンコース卒業。植物や動物、鉱物などをモチーフに、物語を感じさせる幻想的な作品を描く。書籍やCDジャケットなどのイラストレーションを手がけるほか、映画のキャラクターデザインにも参加している。2019年「ボローニャ絵本原画展」入選。近年の主な仕事に映画『竜とそばかすの姫』キャラクターデザイン、『地上絵』橋爪志保著(書肆侃侃房)装画、阿佐ヶ谷ロマンティクスのジャケットなど。作品集に『PETALS』(ポポタム)、『イケガミヨリユキ作品集』(玄光社)がある。


《石のおやすみ》2019


《いずれ夢のあと》2019

 

今村源 IMAMURA Hajime

1957年大阪府生まれ。現代美術家。1983年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。1991年より本学非常勤講師。身近にあるものをモチーフとしたユーモラスな作品をとおして、現実と仮想、目に見えるものと見えないものが交錯し超越する世界を想像させる。本展では、大阪で発表した、移り変わる空の風景を捉えた映像作品と針金を素材に平たく成型されたシカやカエルなど、さまざまな生物のかたちをした無数の彫刻作品が一本の赤い糸で繋がり回転するインスタレーションを再展示する。近年の主な展覧会に「感覚の領域 今、『経験する』ということ」(国立国際美術館、大阪、2022)、個展「流れること / 留めること」(ギャラリーノマル、大阪、2021)など。


個展「流れること / 留めること」展示風景 2021(ギャラリーノマル、大阪)


《流れること / 留めること – シカ》2021

 

衣川泰典 KINUKAWA Yasunori

1978年京都府生まれ。美術家/石版画家。2004年京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻修了。2018年より自身で採集した石灰岩を裁断・研磨してリトグラフの版に用いる「小石のリトグラフ」を開始。採集場所の風景やそこに生息する動植物を描くことで、イメージと素材の関係が作家自身の中で反復・増幅を繰り返す。石が見ていただろう風景と石を求めて出会った風景の二つの眼差しが重なり、一つのイメージとして紙に定着させている。また、石灰岩を採集するプロセスを映像作品として視覚化することも試みている。近年の主な展覧会に個展「小石のリトグラフ」(MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w、京都、2022)、「2nd International Biennale of Lithography」(Stari grad/Belgrade、セルビア、2021)など。


《my little stone_lily #2》2021


《Moving, dig to know》2022

 

野田ジャスミン NODA Jusmin

1996年タイ国ウタイ県生まれ。セラミックアーティスト。京都精華大学芸術学部造形学科陶芸コースで学ぶ。自然や植物をモチーフとした陶の器物を用いたインスタレーションを制作する。多面性をもつ現代工芸のカタチを明確にすることを目的に、「工芸とアート」の関わりについても言及している。2022年、時代性に伴った陶芸の姿を提示するHAKUHA PROJECTを設立。作品展示のほかに展示会の企画やディレクションも行う。近年の主な展覧会に、個展「湖面に沈む」(KITAHAMA N gallery、大阪、2020)、「ARTIST’S FAIR KYOTO 2020」(京都文化博物館 別館、京都、2021)など。受賞歴に「京都精華大学展 2019 〜 卒業・修了発表展」学長賞。


《記憶のスワン04-祈祷》2019


《湖面に沈む》2020

 

船井美佐 FUNAI Misa

1974年京都府生まれ。現代美術作家。1996年京都精華大学美術学部造形学科日本画コース卒業。2001年筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。イメージと平面の「境界」をテーマに絵画表現を探求。想像上の動植物や楽園風景を描いた鏡を壁面に配置して地と図、虚と実が反転するような作品や、展示空間全体をキャンバスに見立て、鑑賞者が作品のなかに入り込む作品など、新たな絵画表現を開拓している。近年の主な展覧会に「A Scoop of Light」(トーキョーアーツアンドスペース本郷、東京、2021)、「2020年度第4期コレクション展」(愛知県美術館、愛知、2021)、個展「楽園/境界~いつかいた場所~」(国際芸術センター青森、2017) 、「VOCA展 現代絵画の展望ー新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京、2010、2009 )など。


《Hole/桃源郷/境界/絵画/眼底》2010
上野の森美術館 撮影:松尾宇人


《Mountain/Mother》2014
東京都現代美術館 撮影:木奥恵三

 

ミロコマチコ mirocomachiko

1981年大阪府生まれ。画家・絵本作家。2003年京都精華大学人文学部人文学科卒業。2012年に絵本『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で第18回日本絵本賞大賞を受賞後、常に新作が期待される絵本作家の一人として活躍する。また、大きな画面いっぱいに生き物をのびのびと描き、音楽家と即興でライブペインティングを行うなど、画家としての活躍も注目を集めている。国内外の絵本賞や文芸賞を多数受賞。本やCDジャケット、ポスターなどの装画も手がける。 近年の主な個展に「ミロコマチコ いきものたちはわたしのかがみ」(横須賀美術館、神奈川など全国巡回中、2020-)、「ミロコマチコ展 うみまとう」(クリエイションギャラリーG8、東京、2022)など。


《光のざわめき》2022


《夜の光》2021

 

安喜万佐子 YASUKI Masako

1970年大阪府生まれ。美術家。1994年京都精華大学大学院美術研究科修了。2003年より本学非常勤講師。天然鉱物や顔料を使ったテンペラ等、近代以前の技法を現代の絵画表現に展開。大画面のタブローを中心に、環境や自然、社会と人間の身体や意識、記憶の関わりを主題とした作品を国内外で発表。異分野のアーティストや研究者とのコラボレーションワークも行う。2014年度文化庁新進芸術家海外派遣(米国)。近年の主な展覧会に、個展「時の海・明日の地層」(FEI ART MUSEUM YOKOHAMA、神奈川、2022)、個展「カオス・フロム・オーダー、オーダー・フロム・カオス」(ギャラリー16 +京都場、京都、2020)、「KIMIKO YOSHIDA & MASAKO YASUKI」(RuArts Gallery、モスクワ、2018)など。「VOCA展 現代絵画の展望ー新しい平面の作家たち」(上野の森美術館、東京、1999、2002)。


《松林図 #6》2018-2020


《Shadow Scape − Forest West, Lightning East》2017-2018

オープニングイベント

アーティスト・トーク
日時:2022年11月18日(金)16:30-17:30
会場:明窓館3FギャラリーTerra-S

ミロコマチコ×曽我大穂 ライブペインティング
日時:2022年11月18日(金)18:00-19:30
会場:明窓館1Fグローバルラウンジ
出演:ミロコマチコ(本展参加アーティスト)×曽我大穂(音楽家、舞台芸術グループ 『仕立て屋のサーカス』演出家)

曽我大穂 SOGA Daiho
音楽家。舞台芸術グループ 『仕立て屋のサーカス』演出家。
20歳の頃、路上でのハーモニカ演奏をきっかけに音楽を始める。フルート、カヴァキーニョ、テープレコーダなどを使った即興演奏を好む。
音楽グループ『CINEMA dub MONKS』のリーダー。2014年、『仕立て屋のサーカス』を結成、基本設計を手がけるとともに総合演出を担当する。
その他、二階堂和美、ハナレグミ、グットラックヘイワ、mama!milk、原田郁子、等のライブ・レコーディングサポート、テレビCM音楽の演奏・制作や、他ジャンル(映画、ダンス、演劇、写真、小説)とのセッション多数。近年は即興演奏のソロ公演、音楽家森俊二との『DAMO』、MCロボ宙との『a-ho-bo』としての活動も行っている。2020年、書籍「仕立て屋のサーカス」を刊行。2021年にはHerbert Hunger名義でソロアルバム「Sketches of Stain」をリリース。

ワークショップ

公開講座ガーデン陶芸教室 *終了
野田ジャスミンワークショップ「ひみつのねんど〜土練りワークショップ〜」
 *要事前申込
講師:野田ジャスミン(本展参加アーティスト)
日時:2022年11月26日(土)13:30-16:00
会場:明窓館3FギャラリーTerra-Sほか
定員:20人程度 ※小学生以上参加可としますが、小学生は大人1名以上とご一緒にお申し込みください。
参加費:1,500円
公開講座ガーデン詳細ページ

こどもガーデン絵画教室 *終了
船井美佐ワークショップ「いきものの絵を描こう!」
 *要事前申込
講師:船井美佐(本展参加アーティスト)
日時:2022年12月10日(土)13:00-16:00
会場:明窓館3FギャラリーTerra-Sほか
定員:16組 ※ご家族の方1名付き添いのもと、ご参加ください
対象:4歳〜10歳
参加費:500円
こどもガーデン絵画教室詳細ページ

衣川泰典ワークショップ「マーブル・リトグラフ」 *要事前申込
石版画(リトグラフ)は約220年前に開発された古典的な印刷技法です。本展覧会で「小石のリトグラフ」シリーズを出展する衣川泰典さんと、大理石(マーブル)のかけらを扱い、簡易な石版画作品を制作します。石に描いた絵が印刷できる不思議な石版画制作を体験しましょう。完成した作品は持ち帰りいただけます。
講師:衣川泰典(本展参加アーティスト)
日時:2022年12月17日(土)13:00-17:30
会場:明窓館3FギャラリーTerra-Sほか
定員:12名→14名 ※小学生はご家族の方1名付き添いのもと、ご参加ください。
対象:10歳~大人
参加費(紙・材料代含む):2,500円(大学生以下 1,500円)
*油性インクを扱いますので、エプロン着衣もしく汚れても良い服装で参加をお願いします。
*制作で扱う大理石のかけらはお持ち帰りいただけません。
参加申込みフォーム

ギャラリートーク

キュレーターによるギャラリートーク
日時:2022年11月20日(日)、12月3日(土)、24日(土)14:00-14:40
会場:明窓館3FギャラリーTerra-S

 

————————————————————————————————————————————
※諸般の事情により会期・時間・内容等が変更になる場合があります。最新情報はギャラリーHPでご確認ください。