トップページ > 展覧会情報:過去の展覧会 > Take it Out (ファストフードの見方)

展覧会EXHIBITIONS

Take it Out (ファストフードの見方)

2021.08.18 - 2021.08.27

開場時間
12:00~19:00
休場日
8/22(日)、8/23(月)
入場料
無料
会場
京都精華大学サテライトスペースDemachi
主催
Take it Out 展 実行委員会
参加作家
池田明日香、岡村ひいろ、岡本公平+ヤマモトナツキ、兒玉真太郎、西川涼香+山口芽生
企画
ヤマモトナツキ
広報イラスト
勇、公平、響

概要

ここ最近の個人的な出来事ですが、知らない土地で半年の間生活していました。そのとき私を安心させてくれたのは、見たことのあるファストフード店の看板でした。また、コロナ禍でファストフードをテイクアウトする機会があったのは、きっと私だけではないはず。

そのような状況もあり、このグループ展では、今身近な存在である「ファストフード」をテーマに掲げ、「見方」の多様さを感じていただきたいと思っています。例えば、ファストフードを買う際の、入店してから食事、店を出るまでの流れに注目していたとき、「世界中どこでも同じ」という見方があるとします。しかし、客層を見ていると日本と海外のある国では大きな違いある事が分かり、同じ京都市内でさえ「異なっている」と感じるかもしれません。展示に参加する7人はインスタレーションやイラスト/マンガ、短歌、写真などの異なった方法でテーマを表現します。この展示を通して、テイクアウトして家で食べることも多くなったファストフードを、従来のイメージからTake it Out(連れ出す)ことができれば嬉しいです。

作家プロフィール

池田明日香
2000年福岡市生まれ。尼崎市在住。
同志社大学短歌会所属。現在、同志社大学社会学部教育文化学科4回生。

岡村陽一呂
1997年京都市生まれ。京都在住。
2020年京都精華大学マンガ学部カートゥーンコース卒業。
Instagram @nenemoku_666

岡本公平
1997年生まれ。京都在住。
2020年京都精華大学カートゥーン学科卒業。

兒玉真太郎
1998年千葉県生まれ。法政大学文学部地理学科から関西大学文学部地理学・地域環境学教室に国内留学中。
生活や旅の気づきを地理学と結びつけ、画面や紙面を横断して表現している。
展示:2019年「それぞれの東京 それぞれの時間」 KS46Wall(東京)
2020年「集い散ること」 KS46Wall(東京)
運営:2020年より 文化と街を紐解くメディア「どこか」
自費出版冊子『dokoka vol.1 京都編』AB判で60ページ(2020年11月)

西川涼香+山口芽生
2020年結成。京都と大阪中心に活動中。
1997年生まれ、大阪府出身。2020年京都精華大学芸術学科造形学部立体造形コース卒業。(山口)
1998年生まれ、大阪府出身。2020年成安造形大学芸術学部芸術学科現代アートコース卒業。(西川)

主な展覧会として、2019年「ニゥ」(オルタナティブスペースyuge/京都)、2020年「A-Lab Artist Gate2020」(あまらぶアートラボ A-Lab/兵庫)
受賞歴に、2020年「成安造形大学卒業制作展2020」(大津歴史博物館/滋賀)優秀賞

西川涼香と山口芽生のアートコンビ。
お互いの塑像制作の経験から「素材に依存しない自由な彫刻」をコンセプトに様々な彫塑作品を制作しています。
今回は制作から作品台に展示するまでを60秒以内とするファスト彫塑の制作に挑戦します!
https://214nishikawar.wixsite.com/mysite

ヤマモトナツキ
1999年生まれ。現在、京都精華大学芸術学部立体造形コース4回生。
Instagram @yamamotototototo


「おばけは表れる」(立体造形3回生進級制作展、妙満寺)